スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元帥なう

2月12日開催の符幻廷主催松山公認大会のレポです。

今回は参加者が奇数だったため、『やむを得ず』参加することに。

いつものようにトリ頭なので、大半は忘れてますが。


今回はカーくんにデッキ製作を丸投げし、いくつか作ったデッキの中から冥がデッキをセレクト、そして私が回すと言う暴挙に出ました。



※タイトルに深い意味はありません

冥の選んだデッキは「雨の源泉デッキ」詳しくは符幻廷ブログやカーくんのブログを見れば大丈夫かと。何しろ手元に無いのでレシピが挙げられないwww
「マナシールド」や「雨の源泉」を主軸に『作戦:いのちをだいじ』にで戦っていく防御よりのデッキでした。


第1試合:ノンアルコールさん

1戦目
半分身内みたいなもので、デッキ内容は殆ど把握できていました。ええ、いつものように魔界人デッキですとも。
自分の使うデッキにはメインに「法界の火」がないので、いかに「マナシールド」で誤魔化すかが勝負のカギだったのだが・・・
初手にあったのは「贖罪の檻」。まぁ、無いよりはマシか。(「雨の源泉」の素材、落ちないかなぁ~)と思いながら大量にグレイズをしつつ、耐える。しかし、魔界人キャラ+「くるみ」の猛攻に耐える術は無く、そのまま終了。最後に冥界を見ると、しっかり素材が落ちていた・・・何やってんだあたい。

2戦目
1体ずつ、丁寧にサイド投入の「法界の火」で魔界キャラを除去していき、ボード上では優位に立つ。しかし、ライフはギリギリ。相手の手札は1枚。こちらには「シュート・ザ・ムーン」があったが、スリープ5ノードということもあり、(次のターンでいいか)と考えてそのまま殴る。すると、返しのターンに「神綺」→「夢子」とつながり、ゲームセット。よく考えれば、2ターンほど前に香霖堂で「神綺」を回収してたのを思い出し、悶絶。魔界人デッキで「神綺」をノードに埋めるようなマネはそうそうないし、自分のヌルプを痛感した試合でした。


第2試合:Coronaさん

1戦目
「小傘」や「落とし穴」「イリュージョナリィブラスト」等で相手の攻撃を止めつつ一方的に攻めるデッキ。
早々に「封獣 ぬえ(PR)」・「弾幕キメラ」をそろえられて残りライフ5と厳しくなるものの、「風祝の奇跡」や「雨の源泉」でライフをごまかしつつ「古明地 こいし(5弾)」で攻撃。「イリュージョナリィブラスト」が怖かったので「永江 衣玖(5弾)」を添えてあげると、相手悶絶。
こんなところかな。「多々良 小傘」で「古明地 こいし(5弾)」が手札に→「姫海棠はたて」で叩き落す(相手ドヤ顔)→「風祝の奇跡」で「古明地 こいし(5弾)」回収→そのまま奇襲で出す(あたいドヤ顔)なんてこともあったような。最終的にライフは20ほどになっていた。源泉怖い。

2戦目
殆ど1戦目と同じような試合運び。やはり序盤がきついものの、「雨の源泉」やら「マナシールド」やらでごまかしつつ・・・という相手の顔が歪むような試合運び。正直にいうと、1戦目と2戦目の試合がかなりごちゃごちゃしてる・・・

第3試合:城井さん

1戦目
「伊吹 萃香(9弾)」に「超高密度燐禍術」を付けて、10/10でなぐるよ!とかいって来た。無理。仕方ないので、溜めたグレイズで「博霊 霊夢(9弾)」を出し、殴る。「風祝の奇跡」でライフをごまかし、「伊吹 萃香(9弾)」に「梟の夜鳴き声」を付けようとしてみる。「是非曲直庁の威令」が飛んできたので、「雨の源泉」で安全圏に入る。返しの相手の攻撃時に霊夢の効果で萃香を焼き払いつつ、こいしで殴って終了。途中現れた「水銀の海」は「星熊 勇儀(9弾)」で破壊。よく考えたら、相手は「梟の夜鳴き声」をとおして問題なかったんだよね。怪我の功名で助かった場面でした。

2戦目
またしても鬼火萃香であった。今度はとなりに「紅 美鈴(9弾)」。「水銀の海」をわたって攻撃して来たので、「マナシールド」でダメージを軽減し、「法界の海」で消滅させる。「雨の源泉」を打ちたかったが、「案山子年報」が張られて厳しい状況。「永江 衣玖(5弾)」や「霧雨 魔理沙(1弾)」で殴るも、「永江 衣玖(5弾)」に「疑惑の五芒星」を張られ、さらに「ポラリスユニーク」を撃たれる。ノードに埋めた素材が全て「案山子年報」にいっちゃう・・・あたい悶絶。仕方ないので干渉で「風祝の奇跡」で回復して、残した「霧雨 魔理沙(1弾)」でチャージ。相手はライフが4しかないので殴ってはこれず、こちらが2枚目の「霧雨 魔理沙(1弾)」を出して終了。

第4試合:ヲ太郎さん

1戦目
呪符バーンデッキ。「サニーミルク(1弾)」でチャージしようとすると、「レイビーズバイト」×2+「精神の海」が貼り付けられる。仕方ないので「マナシールド」でダメージを軽減しつつ、対策カードが来るのを待つ。しかしいつまで待っても来そうに無いので、「マスタースパーク」。相手の場にキャラクターがいないのにマスパをぶち込むむなしさといったら・・・
その後、「永江 衣玖(5弾)」を出す。攻撃→相手「イリュージョナリィブラスト」→あたい「干渉はないです。それ効かないですけどいいですかね?」→相手悶絶・・・なんて流れがあったり。そのまま殴りつづけて終了。

2戦目
またしても「サニーミルク(1弾)」に貼り付けられる。またしても「マスタースパーク」をぶち込む予定が、何故か先に「永江 衣玖(5弾)」をプレイ。マスパで厄介者が死なない・・・orz
そのまま「八坂 神奈子(5弾)」も来ること無く、「レイビーズバイト」のダメージで終了。

3戦目
今度は「アリス・マーガトロイド(5弾)」に貼り付けられる。どんだけだよ・・・しかし、今度は対策万全。「星熊 勇儀(9弾)」をプレイ→「瞋怒」→「アリス・マーガトロイド(5弾)」のマナチャージから「八坂 神奈子(5弾)」をプレイ→相手悶絶
呪符を1枚ずつ剥ぎつつ、相手に4点ダメージを飛ばしたところで「八坂 神奈子(5弾)」に「グレイソーマタージ」。しかし、相手は「永江 衣玖(5弾)」を止めることができず、そのまま終了。


第5試合:ベルさん

1戦目
八雲家デッキ。ただし、「エンパシー」は無かった模様。
速攻で「生と死の境界」が張られ、「八雲 紫(9弾)」から「式神「八雲藍」」+「小悪魔(9弾)」まで回るものの、何故か紫の起動効果が発動せず・・・ゆっくり「永江 衣玖(5弾)」を出し、「梟の夜鳴き声」を紫に。そのまま奪った「八雲 紫(9弾)」と「永江 衣玖(5弾)」で殴って終了。

2戦目
やはり「八雲 紫(9弾)」が出てくるも、今度は1体も「八雲 藍(1弾)」がでてこない。どういうことなの・・・
「梟の夜鳴き声」に干渉して「妖魔の眷属」から「永江 衣玖(5弾)」が相手の場に出てきたので、仕方なく「梟の夜鳴き声」→「八坂 神奈子(5弾)」の効果で「梟の夜鳴き声」と一緒に「八雲 紫(9弾)」を破棄し、「"符ノ壱"八雲 紫」で「永江 衣玖(5弾)」を除去し、こちらも「永江 衣玖(5弾)」を出し、そのままビートして終了。
2戦とも大事故を起こしていたらしく、さらには除去が「法界の火」と「イリュージョナリィブラスト」しかないらしく、どうしようもなかったとか。



総括
「永江 衣玖(5弾)」が強い。最近よく見るビートダウンへの回答である「法界の火」と、「イリュージョナリィブラスト」を腐らせるので、殴ることへのリスクが殆どなくなるのは強い。
さらに「古明地 こいし(5弾)」を一方的に止められるキャラが環境的に確かに減ってきているので、アタッカーとして十分に仕事をしてくれた。後は、「マナシールド」や「風祝の奇跡」でライフをごまかしつつ、「雨の源泉」で安全圏へ+爆アドをとり、上記の「永江 衣玖(5弾)」と「古明地 こいし(5弾)」で押しつぶすという流れさえできれば、大抵の相手には負けなかった。それをさせてくれない速攻デッキにあまり当たらなかったところを見ると、今回も運がよかった。
単純にライフに影響を与える「マナシールド」のほうが「贖罪の檻」よりもこのデッキでは使い勝手がよかった。「紅葉狩り」+「風祝の奇跡」の計5枚体制なので、ノードのカードをかなり自由に使えたのはうれしいところ。
「案山子年報」や「生と死の境界」「無縁塚」といった、相手の冥界に影響を与えるカードで動かなくなることもあるので、その辺りはプレイングも含めて課題である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

才応/たかお

Author:才応/たかお
愛媛県松山市在住のVISIONプレイヤー、才応です。
松山主催・符幻廷のメンバーの一人です。

気が向いたら更新して行きますのでよろしくお願いします。

ちなみにリンクはフリーですので、ご自由にどうぞ。
連絡を頂けたら、こちらからもリンクを張らせて頂きます。

連絡先
・メール
J.forn-chogyoji(ゆゆさま~♪)live.jp
※(ゆゆさま~♪)のところを@に変更してください。

・スカイプ
t-saiou

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フランドールアナログ時計
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。