スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰しておりました、才応です。

10弾の雑感でもしようかと。
今回は3行でまとめてみました。要点をまとめる練習を兼ねて。
カード名の横に個人評価をつけてみました。A~Dの4段階です。
それでも長いのでご注意ください。

ではでは~
キャラクターカード

No.781:ゴリアテ人形<D>
・「狙撃」で狙われたら壊れる人形。
・戦闘力が高いので「丑の刻参り」「人形解放戦線」などとセットでどうぞ。
・もののついでで簡単に壊れるので安定しないのが難点。

No.782:ティターニア<B>
・やはり「丑の刻参り」。「ゴリアテ人形」よりは使いやすい。
・デメリットは「マナシールド」などでなかったことに。
・耐久が4なのでしっかり「くるみ」が受けられる。

No.783:黒猫<B>
・とにかく冥界を肥やしたいならこいつで殴るといい。
・重たい黒猫スペルを1N0Cで撃てるようになる。
・デメリットはあまり気にしなくてもいい気がする。最悪でも2対2の交換だし。

No.784:玉兎<D>
・先行1ターン目では出しにくい効果。
・むしろ5弾「玉兎」が強い。
・使うなら紅葉狩りとセットでどうぞ。

No.785:レイセン<C>
・露骨なまでの「大きな葛籠と小さな葛籠」メタ。そのほか、刺さる範囲はそこそこ。
・キャラクターなので、先に出して維持しないと意味がない。「不意打ち」で死なないのが救いか。
・縛るのは手札なので、「エンパシー」には刺さりにくい。

No.786:エレン<D>
・魔法研究とセットでつかうと、欲しいスペルカードを効率良く回収できる。
・数少ない、種族:魔法使い
・前述の10弾「レイセン」と後述の「朝倉 理香子」の存在の所為で肩身が狭い。

No.787:蜃<B>
・読みは[シン]。GRAZE0のキャラクターの攻撃が完全に止まる。
・「要石」とセットで無敵になれる。
・GRAZE2以上のキャラクターが出てくるか、アタッカーが3枚並ぶまでまでしっかり足止めができる。

No.788:小兎姫<B>
・ビートダウンデッキ相手に序盤の数ターンを殴られないでいられるのはかなり大きい。
・おそらくこっちの場に戻ってくることはないだろう。
・7弾「秋 静葉」と一緒に送ると、③払わない限り相手は完全に沈黙する。

No.789:アリス<A>
・最低ノードでのマナチャージ(1)持ちキャラクター。
・「アリス・マーガトロイド」と一緒に入れられる。
・1弾「サニーミルク」と違い、不意打ちで死んでしまうのが難点。

No.790:多々良 小傘<C>
・「宏観前兆」や9弾「永江 衣玖」とセットでどうぞ。相手の「魔法研究」に合わせて使ってもいい。
・効果が外れた場合はおそらくこいつが犠牲になる。
・効果はバウンス。除去ではないので、盤面やタイミングに注意。

No.791:雲居 一輪<C>
・警戒持ち。
・装備外しでなく、ハンデスのみを狙う場合は、こいつと7弾「雲山」を。
・こいつのマナチャージはあまり期待しないほうがいい。

No.792:雲山<C>
・付けると下手な神器並みの補正+貫通が得られる。
・こいつと7弾「雲居 一輪」の間にはシナジーはない。
・「蜃」のそんざいによって、こいつのGRAZE3が光るかもしれない。

No.793:カナ・アナベラル<B>
・珍しい種族:幽霊での隠密持ち。なかなかに止めにくい。
・相手のパペットリッターなどには注意。
・「夢想妙珠」が付くと安定した隠密アタッカーに。

No.794:朝倉 理香子<C>
・耐性:魔法使いを持つ。
・相手のスペル主体のデッキにはよく刺さるが、9弾「紅 美鈴」対策ついでに焼かれそうではある。
・1弾「宇佐見 蓮子」なんてなかった。

No.795:十六夜 咲夜<B>
・殴るもよし、受けるもよしの攻撃力4。かつ、強力なサーチ効果。
・9弾「上白沢 慧音」が居るとさらに化ける。
・2Cをしっかり払えれば、言うことはないのだが・・・

No.796:魂魄 妖夢<C>
・警戒持ち。引っ張ってきた装備と合わせると、なかなかに厄介。
・条件付きで先制も付与できる。その場合はほかの装備のほうがよかったり・・・
・なんでもつけれる「符ノ壱“魂魄 妖夢”」とは好みで。

No.797:因幡 てゐ<D>
・人間デッキには、こいつと7弾「鍵山 雛」+9弾「紅 美鈴」で無敵に・・・
・不適切な目標に変更できないので、コマンドに関しては、ほかに人間しかいない場合はあまり意味がない効果。
・1弾「因幡 てゐ」とならんで最低ノードの「因幡の素兎」術者。

No.798:ナズーリン<D>
・重い。結構無理をして出すことになる。
・好きな装備を持ってこれるが、やはり重い。
・装備が付けば1ドローも正直微妙。起動効果のコスト軽減用かと。

No.799:北白河 ちゆり<B>
・こいつに「洩矢の鉄の輪」を付ければ最強に見える。
・手札のコマンドカードを切らせる意味では、ある意味いいのかもしれない。
・耐久が1なのが難点。

No.800:橙
・うまくいけば、①で5弾「火焔猫 燐」まで持っていけるかもしれない。
・1弾「八雲 藍」が発狂しているときにこいつが居るととてもしんどい。
・素の戦闘力では少し寂しい。

No.801:鈴仙・優曇華院・イナバ<A>
・速攻持ちなので、起動効果がすぐに使える状態で場に出せる。
・種族:獣がパンプアップする。こういった全体強化は地味に強力。
・5弾「東風谷 早苗」が淋しい目をしている・・・

No.802:村紗 水蜜<C>
・耐久1のキャラクターが益々増えてきたので、なかなかに活躍するかもしれない。
・出たあとはちょっとぱっとしないステータス。
・ダメージの振り分けは(1・1・1・1)(1・1・2)(2・2)の3パターンのみ。

No.803:射命丸 文<B>
・デッキに「葉団扇」があれば、速攻・先制・相手の先制を無効。なかなかのステータス。
・かなり軽めなので、術者としてどうぞ。
・起動効果は、相手のマナチャージやサーチカードに干渉して使うと、擬似的な除去になる。

No.804:姫海棠 はたて<B>
・毎ターンコマンドカードを棄てさせるのはかなり強い。
・公開させたあとに「ラピッドショット」か。
・「ルナティックブラスト」には注意。

No.805:寅丸 星<C>
・装備がつくと6/6+α(装備品補正)のスペック。
・起動効果はなかなかのものだが、コストがかかりすぎる。
・7弾「ナズーリン」と、「ナズーリンペンデュラム」などといった軽めor術者のいる装備とセットで。

No.806:八雲 藍<C>
・9弾「八雲 紫」→このカード→10弾「橙」→「黒猫」までつながる。
・やはり素の戦闘力はさみしい。
・「八雲 紫」の戦闘力しだいでは、1弾「八雲 藍」の戦闘力を超せる。

No.807:蓬莱山 輝夜<C>
・条件さえ整えば警戒持ちの神器持ちが5N2Cで出る。
・4枚以上を狙う場合は「五つの難題」と合わせてどうぞ。
・単純にこいつに「蓬莱山 輝夜」が術者の神器が付くだけでも脅威ではある。

No.808:藤原 妹紅<C>
・弾数を重ねるごとにだんだん脆くなっている蓬莱人。
・ダメージさえ受ければ山が焼けるが、下手をすると相手に塩を贈りかねないのでなんとも。
・一度の干渉中に連続して小刻みに大量のダメージが入れば面白いのだが・・・

No.809:西行寺 幽々子<S>
・\ゆゆさまー/
・\ゆゆさまー/
・\ゆゆさまー/

No.810:聖 白蓮<B>
・「グリモワールオブアリス」第一候補。一番出しやすく、付けやすいかと。
・種族を問わず、全体強化ができる。
・しっかり伝説持ち。

No.811:レミリア・スカーレット<B>
・デメリットなしの軽めのレミィ。各種レミリアのスペルと合わせてどうぞ。
・相手の場に1体でも入れば攻撃力7の先制。「パペットリッター」などと合わせてどうぞ
・伝説も持っているので、「スピア・ザ・グングニル」がよく合う。

No.812:深山の大天狗<B>
・「マスタースパーク」から仲間を守って散っていく大天狗様ステキ!
・自分ターン限定ながら、この起動効果は強力。場合によっては自分の5弾「西行寺 幽々子」に使ってもいい。
・地味に隠密持ちで攻撃力5。

No.813:岡崎 夢美<D>
・種族:魔法使い版「神綺」。
・持ってくるのは1弾「パチュリー・ノーレッジ」が候補か。
・残念ながら種族:魔法使いが少ないので使いにくい。

No.814:封獣 ぬえ<C>
・重い。1弾「レミリア・スカーレット」と同じレベル。
・こいつのコストを払いつつ、相手に「パペットリッター」を投げれるなら、大ダメージが期待できる。
・自動効果で出した場合は裏向きが壊せないので痛いところ。

No.815:綿月 豊姫<C>
・相手の場にキャラクター以外のカードがたくさんある状態なら真価を発揮する。
・警戒持ちではあるが、このノード帯でこの戦闘力は残念。
・9弾「伊吹 萃香」とは多少相性がいいか。

No.816:綿月 依姫<C>
・「祇園様の剣」が付きつつ、警戒持ち。
・剣がないと、あまり役に立たない訳でもない。
・ただ、やはり重たい。

No.817:幽香<C>
・素の戦闘力が最も高いキャラクター。憑依のお共に。
・マナシールドとは多少相性がいい。
・「ハートブレイク」内蔵。

No.818:西行妖<C>
・重たいが、自動効果で意外と簡単に出て来れる。しかし打点は低め。
・二つめの自動効果は「五つの難題」や「釣瓶落とし」でもダメージが入る。
・1弾「西行妖」と違い、能動的に動かないとダメージが入らないので少し辛いか。

No.819:八意 永琳<B>
・ノードとコストの合計値が最大のカード。
・出せれば強い。ドロースキップまでついているので、制圧力はかなりのもの。
・自動効果が消えるととたんに何もできなくなる。「運命のダークサイド」もアウト。

No.820:嫦娥<B>
・出せば無敵になれる。だせたらな。
・破棄やバウンス、除外には対応していないので、頓悟をどうぞ。
・悲しき人形ではしっかりと死んでしまう点にも注意。

スペルカード

No.821:虹符『オーバー・ザ・レインボー』<D>
・条件が限定されるが、全員が隠密を持つ可能性があるカード。「サルタクロス」とセットでどうぞ。
・特に指定がないので、裏向きカードや、「嫦娥」のような[‐]表記のキャラクターも防御できない。
・単純に、相手のチャンプブロックを封じるので最後の詰めにはかなり有効。

No.822:驚雨『ゲリラ台風』<A>
・キャラでなければ、根刮ぎ持っていく驚異のカード。
・破棄ではないので、「エイジャの赤石」にも通用する。
・スペルを封じられている場合や、対象にならない場合は流石に流せないので注意。

No.823:拳符『天網サンドバック』<C>
・「ナズーリンペンデュラム」付きの「梅林の妖精」に即死がつく。
・受けが得意なデッキには非常に重宝する。
・「カタディオプトリック」で割れてしまう

No.824:拳打『げんこつスマッシュ』<B>
・攻撃力が上がりつつGRAZE0。耐久‐1の補正が入るので、できれば先制持ちか隠密持ちに付けたいところ。
・「贖罪の檻」にあと出しで出すととってもいい感じ。
・「イドの怪物」や「緑眼のジェラシー」には注意。

No.825:式符『飛翔晴明』<D>
・「橙」がいると+2/+2補正のスペル。毎ターン使える。
・1弾「小悪魔」や1弾「パチュリー・ノーレッジ」と合わせても面白い。
・阻止されると帰ってこないので注意。

No.826:鬼符『青鬼赤鬼』<B>
・GRAZE0の幻想生物。戦闘力は実質3/2。
・警戒持ちだが、受けに回る場合は1/2になるので、ちょっと受けにくい。
・このスペルが軽すぎるので、運用は1弾「橙」を術者に据えるのが一番よさそう。

No.827:人符『現世斬』<A>
・種族:天狗と種族:獣を屠れる。ターゲットは9弾「霊烏路 空」と「上白沢 慧音」か。
・1弾「玉兔」や10弾「鈴仙・優曇華院・イナバ」も狩れるので、割りと範囲は広い。
・2N1Cと何も考えずにプレイできる点も優秀。

No.828:妄執剣『修羅の血』<A>
・たとえ死んでも復活できるカード。
・殴りかかって無理やり殺すも良し、「紅色の冥界」+「ディマーケーション」でもよし。
・決死状態になったのを見てからプレイできるので、かなり小回りが効く。

No.829:幻象『ルナクロック』<B>
・「ミスディレクション」の亜種。
・相手に依存しない代わりに、相手のブロッカーが寝なくなった。
・汎用性は高いが重たい「密命」とも使い分けが求められるカード。

No.830:魔獣『鎌鼬ベーリング』<B>
・殴るだけで相手の手札が1枚見れる幻想生物。
・戦闘しない場合は効果はないが、警戒持ちなので、効果を発揮する場面はかなりある。
・こいつに「げんこつスマッシュ」や「隙間無い法の独鈷杵」をつけてやりたい。

No.831:逆風『人間禁制の道』<C>
・実質的に、相手キャラクターのプレイコストを2倍にする世界呪符。
・相手の「瞋怒」に干渉して、自分のキャラクターを守る事もできる。
・維持コストがとても重いので、術者推奨。

No.832:棒符『ナズーリンロッド』<B>
・+1/0補正に貫通付与。しかしながら、その真価は起動効果にある。
・合計で③と重たいのが難点か。
・「ナズーリン」と合わせれば、コストの無駄なく、このカード自体も回収できてお得。

No.833:宝塔『グレイテストトレジャー』<C>
・「レイディアントトレジャー」を破棄すれば、4ドローとなる。
・基本は「宝塔」のサーチが仕事か。ただし、配置ではない点に注意
・3N1Cと軽いので、サーチとしては「レイディアントトレジャー」より使いやすい。持ってくるだけなら。

No.834:波符『赤眼催眠(マインドシェイカー)』<C>
・攻撃力が0のキャラクターを決死状態にできる。
・「恐怖」とセットでどうぞ。
・なにげにキャントリップ持ち。

No.835:惑視『離円花冠(カローラヴィション)』<A>
・限定的ではあるが、このカードが優位に働く場面は多く、かつ意図的につくりやすい。
・コントロール変更カードの常として、1弾「因幡 てゐ」や「キャプチャーウェブ」に非常に弱い。
・1N0Cととても軽いのがまたいい。

No.836:溺符『ディープヴォーテックス』<B>
・「ブレイクプロミネンス」の亜種。
・倒したい相手がこのカードで倒せなくても泣かない。
・悲しき人形に弱いのは言わずもがな。

No.837:錨符『幽霊船長期停泊』<C>
・全員が警戒を持つ。効果は強力だが、維持コストが厳しい。
・「彩光乱舞」と合わせて最強に見えるが、「シンカーゴースト」とは相性が悪い。
・3回まで相手の攻撃を止められるが、メインフェイズの最初に攻撃してきたヤツは止められないので注意

No.838:法灯『隙間無い法の独鈷杵』<C>
・能力こそないが、+3/+2とかなりの高性能。
・軽いので、気軽に付けられる。
・先制もちなど、もともと戦術があるキャラにつければ、その真価を発揮するだろう。

No.839:寅符『ハングリータイガー』<C>
・「弾幕キメラ」と似ているが、こっちはまだキャラで受けられやすい。
・デメリットを回避したい場合は、「サンシャインニードル」や「ヒガンルトゥール」と合わせてどうぞ。
・素で出すのも3Cと思いので、術者推奨か。

No.840:式神『仙狐思念』<C>
・4/2 GRAZE1はそこそこに強い。ただし3回まで。
・出すだけなら無駄に軽いが、維持コストがネック。
・単純に1ターンに出せるキャラをこいつで増やして殴る戦法になりそう。

No.841:密符『御大師様の秘鍵』<B>
・9弾「霊烏路 空」と組み合わせると、使うたびにどんどん巨大化していく。
・同名カードでも構わないので、「グレイソーマタージ」などからのリフレッシュとしても使える。
・相手のキャラクターを奪って生贄に捧げるととっても美味しい。

No.842:新難題『エイジャの赤石』<A>
・先制付与、初期状態で+3/+3、割れないと、正直こいつになぜ神器がついてないのか。
・1弾「伊吹 萃香」や9弾「伊吹 萃香」につけて夢を見よう。
・正直誰につけても美味しい。

No.843:不滅『フェニックスの尾』<B>
・二つ目の効果は劣化「浄玻璃審判」。緊急時にどうぞ。
・多少重たいが、なんでも出せる。戦闘力は次の自ターンに回復。
・1弾「西行妖」など、出すだけで効果のあるキャラだと美味しい。

No.844:必殺『ハートブレイク』<D>
・ライフを支払う効果なので軽減しにくい。
・コマンドカードでないので小回りが効かない。
・ライフが3倍差あればようやく気軽に打てる・・・気がする。

No.845:蝶符『鳳蝶紋の死槍』<A>
・単純に使うだけではディスアドバンテージ。
・しかしながら、汎用性は高い。
・このカード自体も2Cと素撃ちしやすい。

No.846:魔法『紫雲のオーメン』<C>
・手札に来てしまったカードをデッキに戻せる。
・使うと手札が1枚減る。
・「運命のダークサイド」を見てから戻す枚数を選択できる。

No.847:『スターソードの護法』<D>
・強制的に手札がなくなるのは辛い。
・破壊工作で割れる上、割れた際の被害が大きい。
・割る手段を持たないデッキにはとても強力。

No.848:鵺符『鵺的スネークショー』<A>
・ちょっと重たい。
・単純に相手キャラクター3枚と交換できるが、耐久が1なので死にやすい。
・アクティブインなので使いやすい。

No.849:鵺符『アンディファインドダークネス』<B>
・自分の仕事が終わった5弾「玉兎」などのキャラクターが変身するカード。
・相手のキャラクターを奪って生贄に捧げるととっても美味しい。
・何が出てきても泣かない。

No.850:薬符『壺中の大銀河』<D>
・アンチカード。主にリアニメイト用。
・4Nと、少し遅いのが難点か。
・死んでしまった1弾「八雲 藍」辺りをデッキに戻すのにも使えるが、それなら「一条戻り橋」でいい。

コマンドカード

No.851:ダウジング<D>
・目標はかなり限定される。「五つの難題」が理想的か。
・0N0Cではあるが、何も出来ずに腐ってしまう場面は多い。
・能動的には使いずらいのが一番の難点。

No.852:遠隔支援端末<A>
・共に常時効果で、連続攻撃に戦闘修正となかなかの使い勝手の良さ。
・1N0Cなので気軽に打てる。
・使う効果や順番を間違えないように注意。

No.853:希望の光<B>
・「イドの開放」で消えたカードを復活させられるカード。
・5枚なければ意味がない。
・「生と死の境界」デッキでもそれなりに活躍してくれる・・・はず。

No.854:月の都<C>
・ダメージであれば、プレスでも発動できる。
・正直、「嫦娥」を出すためのカードにしか見えない。
・手札に出したいキャラクターがないといけない点が足を引っ張りそう。

No.855:雀酒<D>
・「精神の海」などで攻撃出来ないようにしたキャラクターに付ける。
・終盤でのダメ押しの火力アップ。
・どちらにしても、正直「レイビーズバイト」でいい。

No.856:非統一魔法世界論<C>
・「アグニシャイン」がとても使いやすくなるカード。
・このカードの維持コストは無視できない。
・幻想生物で固めたデッキには強いが、「空間操作」との両立ができない。

No.857:聡慧なる守護者<A>
・コマンドに関して対象にならなくなるので、範囲は広い。
・相手キャラクターにもしっかり打てる。
・軽い。

No.858:邪心の囁き<C>
・プレイできる状況ならなかなかに強い。
・コストがあれば、「離見の剣」で同じことができる。
・阻止された場合は「情報戦」に化けるが、あまり意味はないかもしれない。

No.859:臨時雇用<B>
・相手のハンデスに対して、一時的に手札を避難させられるカード。
・「河童のポロロッカ」等の前に撃つと、相手より手札が3枚ほど多い状況になれる。
・GRAZE0の妖精なので、その点を生かして9弾「大妖精」と一緒に並べても強い。

No.860:裏取引<A>
・要らないカードを捨てられるというより、冥界にある方が望ましいカードを捨てられるカード
・序盤の手札が大事な速攻デッキにどうぞ。
・ダークサイドを撃たれると、とっても痛い。

No.861:業火絢爛<C>
・マナシールドとの併用不可。オレンジとセットでどうぞ。
・3弾「河城 にとり」とセットで、消耗戦を強いることができる。
・「テリブルスーヴニール」以外では干渉で使っても意味がない。

No.862:イドの怪物<B>
・相手の攻撃に合わせて、迎撃するカード。
・GRAZE0のキャラクターを抹殺できる。
・ちょっと重たいが、比較的打ちやすい。

No.863:キャプテン・ムラサ<D>
・一応「飛倉の破片」も持ってこれる。
・術者に据えるのがメインのデッキには欲しいかも
・コストが0なので打ちやすい。

No.864:最後の警告<C>
・究極の阻止カード。打てればなかったことにできる。
・状況がかなり限定されるので痛い。
・能動的に使うには、相手の行動に干渉していらないコマンドカードを使えばいい。

No.865:一騎打ち<C>
・「北白河 ちゆり」にどうぞ。
・0Cでキャントリップ持ち。ドローはターン終了時だが。
・自分も干渉ができなくなるが、あまり気にすることはないかと。

No.866:妖怪の山<B>
・天狗・河童デッキには是非欲しい一品。
・「秘密結社」と同じ感覚で使え、キャラクターのコストも軽減できるのは美味しい。
・3N1Cと軽いのも魅力。

No.867:エコー<C>
・山焼きカード。「竹林の火事」などと合わせてどうぞ。
・調子に乗ってると、自分の山札も危うくなる。
・ちょっと重たいのが難点か。

No.868:再生<B>
・アクティブインでの攻撃力4。
・冥界に2枚キャラクターがいないと使えないのが辛いか。
・ちょっと重たい。

No.869:動物使役<B>
・ドラゴンは強い。
・種族:獣を持ってこれるのは、意外に範囲が広かったり。
・3N3Cは重たい。

No.870:未来予知<C>
・強力なコマンドサーチ。緊急時に重宝するかもしれない。
・しかしながら、撃つと手札‐1。
・「離反工作」はもって来れないのが痛い。

No.871:連続魔法<C>
・「ギャストリドリーム」や「天地開闢プレス」と合わせてどうぞ。
・0Cなので打ちやすい。
・一番おいしいのは「レイディアントトレジャー」だとか。

No.872:対岸の誘い<C>
・相手の「ギャストリドリーム」に干渉でどうぞ。
・軽めなのでなかなかに打ちやすい。
・自分から能動的に打てないのが辛いか。

No.873:真実の光景<A>
・コマンドタイミングですべてのキャラクターが対象。
・役に立つ場面は多い。
・抵抗もあって、とても打ちやすい。

No.874:幻魔の百雷<C>
・隠密持ちが全滅できる。1弾「霧雨 魔理沙」が死ぬ。
・相手キャラクターが対象なので、自分の場に影響がない。
・「オプティカルカモフラージュ」+「タイムパラドックス」?

No.875:凶兆のオーラ<A>
・戦闘で負けなくなる。
・コマンドカードなので相手の行動に干渉できるのが強い。
・出したあともしっかり仕事してくれる。

No.876:グリモワールオブアリス<C>
・付けることができれば、かなりの制圧力。
・破棄する効果はできるだけ使わないほうがいい。緊急時に。
・魔法使いがなかなかいないのが痛い。「後天性変異」とセットでどうぞ。

No.877:霊峰の魔獣<C>
・手札に天狗がいれば強い。「天魔」「深山の大天狗」が美味しい。
・バウンスは場のカードが対象なので、なかなかに強い。
・手札に天狗がいないとなにもできないカード。

No.878:人の眼をした魔物<B>
・1弾「魂魄 妖忌」や「幽香」など、戦闘力が高く、デメリット効果があるキャラクターを効率良く出せる。
・ライフ5の代償があるが、相手ターンに打てるので、あまり気にならない。
・呪符なので、簡単に割れてしまう。

No.879:幻視の系譜<D>
・2回目に壊れカードになる。速攻で2回打てればな。
・自ターン1枚制限なので、「永夜の術」などとセットでどうぞ。
・このカード自体が除外されるので、「希望の光」とも相性がいい。

No.880:天魔の号令<D>
・配下の天狗が湧いてくる。
・相手ターンに打てないので、なかなかに使い勝手が悪い。
・6N2Cと重たいのも難点。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

才応/たかお

Author:才応/たかお
愛媛県松山市在住のVISIONプレイヤー、才応です。
松山主催・符幻廷のメンバーの一人です。

気が向いたら更新して行きますのでよろしくお願いします。

ちなみにリンクはフリーですので、ご自由にどうぞ。
連絡を頂けたら、こちらからもリンクを張らせて頂きます。

連絡先
・メール
J.forn-chogyoji(ゆゆさま~♪)live.jp
※(ゆゆさま~♪)のところを@に変更してください。

・スカイプ
t-saiou

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フランドールアナログ時計
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。